ご寄附はこちらから

石山 大 さん

石山生産獣医科 院長
有限会社ますよし 代表取締役

農学部獣医学科 2008年卒業

Q.商品づくりに関わるきっかけ・思い・今後の展望を教えてください!

 良質の生乳を生産するため、酪農家さんと協力しながら、牛の健康管理を行っています。牛に与える餌の種類や量、飼養管理を変更すると健康状態や生乳の成分も変化するため、生乳の品質を管理するためには、牛のデータを分析することが重要です。牛の繁殖管理の仕事の傍ら、プログラミングで牛の多量の情報を処理し、視覚的に分かりやすいデータを作成しています。酪農家さんと一緒にその結果を見て、餌の献立などを調節することで、生乳の品質向上を目指しています。
 今後の展望としては、獣医師が不足している地域でも安心して酪農を行えるように、得られるデータを有効活用した牛の遠隔健康管理サービスを作りたいと考えています。

Q.農工大での思い出を教えてください!

 農工大での経験が今の職業を選んだきっかけになっています。元々は野生動物について学びたいと思っていましたが、サークル活動などを通じて動物が生きていく上で、食べ物の重要性を感じるようになりました。そこから転じて、人が生きていく上で必要な「食」という分野に獣医師として関わりたいと思うようになりました。
 特に印象に残っているのは5年生で参加した北海道別海町での産業動物臨床実習です。産業動物の診療や治療は、自分たちの体を動かしての作業が多く、そのダイナミックさに惹かれました。また牧場の方々と一緒に仕事をするので、獣医学のみならず、畜産学や経営学といった幅広い領域にも精通していなければならず、学びのスケールの大きさにも魅力を感じました。

Q.農工大生や農工大サポーターにメッセージをお願いします!

 大学の講義でも、なぜ勉強するのかを見失い、身が入らないことってありませんか?そんな時は、興味のある実習や企業のインターンなどに参加することで、その産業で求められている問題や課題を体感することをオススメします。今の自分に何が足りていないのかを知れば、学びの意欲も高まります。また、自分の興味のある分野以外のところでも、知らない考えや視点に触れ、結果として新しいクロストークを生むことができ、人間として成長します。

【担当学生広報スタッフ】取材を終えて・・・

担当学生広報スタッフ:農学部環境資源科学科 村井 陽香さん、農学部地域生態システム学科 酒井 結さん 

 獣医師と言われると一般的に街の動物病院を思い浮かべることが多いですが、自分の”食”について裏側で支えている現場を見ることができたのはとても良い経験になりました。実際に酪農家さんとのお話も聞くことができ、飼料の配合の仕方1つにも様々な経験や知識が必要なことなど学ぶことが多かったです。
 取材時に購入したチーズを家で食べたのですがとても美味しかったです!牧場に関しても放牧が行われている季節にもぜひ訪れたいです。

取材実施:2023年3月

石山さんの返礼品はこちら!

国産ナチュラルチーズ 5個セット

 勝馬蹄・月利根・白霞・黄昏富士・暁富士の5種セット。製造工程の違いによる風味の違いをお楽しみください。

寄附番号:A10001
寄附金額:40,000円

国産ナチュラルチーズ 3個セット

 月利根・黄昏富士・暁富士の3種セット。お酒のつまみにぴったりの人気商品をまとめました。

寄附番号:A10002
寄附金額:30,000円

国産ナチュラルチーズ 暁富士・白霞セット

 コクのあるハードタイプチーズの暁富士とさっぱりした酵母タイプチーズの白霞をセットにしました。

寄附番号:A10003
寄附金額:20,000円

国産ナチュラルチーズ 黄昏富士・白霞セット

 うまみが凝縮したハードタイプチーズを日本酒漬けにした黄昏富士とさっぱりとした酵母タイプチーズの白霞のセットです。

寄附番号:A10004
寄附金額:20,000円

関連リンク(別ウィンドウで開きます)